対策を怠ると危険


コンテンツマネジメントのセキュリティ対策は重要なことであり、手を抜いてはいけません。オープンソース型では特に不可欠といえるでしょう。なぜなら、オープンソース型はプログラムの詳細が一般公開されているため、誰でも不正アクセス及び改ざんが行える可能性があります。これが悪意を持っている第三者であった場合は大きな被害を受けることに直結し、大きなリスクを背負うことになります。

コンテンツマネジメントシステムログインページのURLが共通であること、そして、管理画面から全ページが操作可能な仕組みであれば、容易に不正行為が行える環境といえるでしょう。もし、管理画面やサイト本体を悪意のある第三者に占有されてしまった場合、非公開情報や利用者の個人情報、データベースの内容は筒抜けとなり、重要な問題へと発展してしまいます。状況によっては、ウイルスサイトに誘導されてしまうケースも予測することができますので、被害は予想以上に膨らんでしまいます。

このような深刻な事態を招かないようにしなければなりません。そのために必要なのがコンテンツマネジメントシステムです。このシステムを活用すれば、セキュリティ対策をしっかりと行えることが可能であり、安心することができます。